シーン013:「自転車にのって」

お当番 : おーつけーこ

 この春は、中学生や高校生と一緒にマウンテンバイクに乗る機会が、たくさんありました。

 基本を伝える講習のあとで、ツーリングに出かけます。 まだまだ不慣れな私は、講習でやるべきことを紙にメモし、 首から下げた小さなクリアケースに入れて講習にのぞみました。 私は、それを、チラチラみながら、「えーと、次は、止まる練習を…」などとやっていました。

 普段、通いなれた職場へ行く生活の中では、緊張することも少なくなりましたが、 久しぶりに、緊張と不安を、いっぱいに感じました。

 一週間、ホテルに泊まりこみ、群馬へ帰る日の朝、朝食まで時間があったので、 中学生達と一緒に走ったコースを、一人で走りました。 木々の中の坂道をのぼり、冬場はスキー場になるゲレンデの上の方、見晴らしのよい所まで行きます。 そこで、MTBを横たえて、ゆっくり山を眺めたり、 地元の人から教わった植物の名前を思い出したり…。 さらに進んで、池があるところまで。池は、周囲のしらかばを逆さに映していました。 「あれ、この池、こんなに澄んでいたんだ」と改めて驚きました。 きっと、緊張して、それさえ気がつかなかったのだと思います。 小川の横の歩道を歩き、林の中から抜けると、芝生には、ポコポコと、 たくさんのたんぽぽが咲いていました。 途中、犬の散歩をしている人に会っただけで、他に人はなく、 朝のきれいな景色を、一人占めしてきました。
「まずは自分がMTBを楽しむことだよ」という先輩の言葉を、ふと思い出しました。 朝食までの、わずかな時間でしたが、気持ちのよい時間でした。 ということで、もっと楽しむために、次に走りに行くこと、考えなくっちゃね。