シーン015:「ダイエット」

お当番 : りょーじ

「ダイエット」なんていうと女性の方々は敏感に反応してしまうかもしれませんが、 実は、僕にとっても重要な問題なんです。

 僕は普段、何も言わないとそれほど太っているようには見えないらしいのですが、 体重を言うと驚かれます。 先日、劇団員のおーつさんに体重の話をしたところ、やっぱり驚かれました。 「そんなにあるの!?」だって。失礼しちゃいます。

「役者」なんてことをやっていると、芝居をやるときには当然、 「役づくり」っていう仕事が出てきます。 その役の人物になりきる、っていう心の問題はもちろんですが、 その他にその役に見えるような外見もつくらなきゃいけない(つくった方がいい)時があるんですね。 で、僕は過去4回シブパの公演に出演しているんですが、 その役になるために「やせたい」って毎回思うんですね。 自分が思うその役の外見と自分の外見とにギャップがあるんです。 そんなわけで、公演前はいつもやせようと必死なんです。

 でもまぁ、今は公演が間近に控えているわけではないので、 「ダイエット」のことは意識していなかったんです。 そしたらこれが!やせちゃったんですね。 新年度になり、気持ちを入れ替えてって事で、交通手段を車から自転車に変えましたんですよ。 ダイエットと思わずにやっていたのが良かったんでしょうか。 4月終わる頃には5kgもやせてました。

 次回公演、ひょっとしたらみなさんに、「激やせりょーじ」を見せられるかもしれません。 いえ、見せます。ぜひその成果を見に夢スタまで足を運んでください。乞うご期待!!