シーン017:「梅雨」

お当番 : たなかまこと

 いよいよ梅雨入りしましたね、今年もこのシーズンがやってきました。

 皆さんはいかがお過ごしですか? ジメジメ、ジトジト、蒸し暑い梅雨は僕も苦手です。 でも雨はそれほど嫌いでもないんです、むしろ好きな方かな。 雨も降らず、ジトーッと蒸し暑いよりは雨が降って涼しくなった方が良いと思いませんか?

 梅雨の事と話は違いますが、僕はあの雨上がりの匂いが好きだし、夕立も大好きです。 小さい頃、風呂上りにおじいちゃんと夕立見物をするのが夏のお決まりでした。 今はそのおじいちゃんも亡くなってしまい、いい思い出となっています。

 僕はアウトドアでも良く活動するのですが、雨と言えば「カッパ」。 アウトドアの先輩から「カッパは良い物を買え!」と言われ、 学生時代に思い切って3万円もするカッパを買いました。 素材はゴアテックスと言う、雨は通さないけれど、中の蒸気は逃がすという蒸れない代物。 その頃の僕にとっては凄く高い買い物でした。

 買って直ぐに試したくなった僕。しかし外は晴天。 そこで僕はカッパを着込みシャワーを浴びてみました。 流石に蒸れずに快適、やっぱり高いことはあるなーと実感、 その後雨が降った日に今度はカッパを着て、近所を自転車で走り回りました 「すげー蒸れなーい!」と叫びながら・・・

 この事を話すとみんなが笑うんです。皆さんだって、買ったら直ぐに試したくなりますよね。