シーン028:「ネタ」

お当番 : 東 勝

  色々と忙しいと、どうでもいいけど身の回りの掃除とかが妙にしたくなることってないですか?  そんな感じでちょっと整理なんかしてたら、変なものが出てきました。
それは「ネタ帳」…。 思い返してみると高校時代に落研にちょっと籍置いてたんですよね〜…。 ともかくお笑いがすきだったから、コントとかビデオに録っちゃあ編集とかしてたくらいですから。 てなわけで今読むと非常にくだらない!! けど、そこが自分自身笑っちゃう…。ほんとバカですね〜。 まあちょっとそのネタをひとつだけご覧ください。

注意:できるだけおもしろくなるように、 有名な芸人さんがやっているところをがんばって想像してください。

わかげのいたりです。誹謗中傷はご遠慮ください。

    ショートコント「ミキちゃん」

 女(すまして1人で立っている)
 男「あっ あんなところに可愛い子がいる。声かけてみよ」(女に近寄る)
 男「(なれなれしく)君 なにしてんの?」
 女「(おしとやかな感じでかわいく)・・待ち合わせです・・」
 男「君 かわいいね〜 名前なんていうの?」
 女「(おしとやかな感じでかわいく)・・ミキです・・」
 男「(ハイテンションで)ミキちゃんか〜!!名前も可愛いんだね〜」
 女「(すかさず低い男声で)三木 太郎です!」
 男「男かいっ!!」

「……………………………」
  …実際自分が人の前でやったのは高三の文化祭で1回やっただけです。 緊張しててあんまり覚えてません。 でもこの日それなりに自分にとってはドラマがあったわけで…(恋沙汰ではありませんが……)。 今の自分レベルアップしているのかなぁ〜?