シーン029:「ひたまのえんげき日記3」

お当番 : 柳 緋玉

  みなさん、こんにちは。ひたまです。第3回めは「阿修羅城の瞳」。 言わずと知れた“新感染”(市川染五郎主演の劇団☆新感線の公演のこと)の3回めの公演。

  これ、再演なんですよ。しかも3年前ってことで、まだまだ記憶に新しいですよね。 そこで染サマ以外はオ−ルキャストチェンジ。何人か出ている劇団員も全く違う役。 でもね、主役は一緒だし中身はそれほど変わらないわけだから、“全く新しい”ってわけにはいかないんですよ。 違和感の方が強くて、観ていて「あれ?」「アレ?」って思っちゃって。 そんなズレを拭い去ってくれたのが、闇のつばき役の天海祐希さん。元宝塚男役トップスタ−の天海さん。 舞台姿が何しろ美しい! 同じ舞台に立つ者として「かくありたい」と思いました。 立ち居振舞がしなやかで美しくて色っぽい。 粋で勝気な姐さんなんだけど、何か影があると言うか、つばきの持つ弱さや脆さが伝わってくるんですよ。 阿修羅王になってからはその美しさが鬼の部分を際立たせていて、 私的には戯曲を読んだイメ−ジそのものでした。

  天海さんのことで紙面が尽きてしまったわ。 いきなりまとめちゃうと、前作よりよかったです。 再演はかくあらねば。ではまたね。