シーン032:「おいしい話2『和菓子』」

お当番 : 赤石 マサエ

 「喫茶」というのが、本当に好きです。これは、「喫茶店」という意味ではなくね。
コーヒーも紅茶も、中国茶もハーブティーも、緑茶も抹茶も、 とにかく「お茶の時間」にあてはまるなら何でも好き。 で、今回話したいのはその友、『和菓子』についてです。

  皆さんになじみのある和菓子というと、どらやきやお団子がポピュラーでしょうか。 私と同世代くらいの方だと、かりんとう支持派は少ないかなぁ…? 私は、かりんとう大好きなんです。これこそ「やめられない止まらない」というかんじ。 で、もっと好きなのは豆大福。和菓子屋さんに行くと必ず「豆大福売っているかな?」 と見てしまいます。甘い大福に塩豆がくっついていて、何とも言えないハーモニー。 でも、この豆大福、店によって当たりハズレがあります。 甘さとしょっぱさの絶妙なバランスが難しいんでしょうね。 そして、私のこだわりは、「豆大福には熱い麦茶!」コレです。 麦茶って、夏の冷蔵庫の住人だと思っていませんか? 熱いのもイケますよ。普通にティーポットに麦茶パックを入れてお湯を注ぐだけです。 お〜いしいんですってば!この香ばしい熱い麦茶と豆大福の相性がぴったりなんです。 ちょっとコレ、皆さんぜひ試してください。
ホントおいしいんです。

  さて、この時季、和菓子屋さんには美しい上生菓子が並びます。 香り豊かなお茶とともにゆっくりいただきたいですね。