シーン037:「趣味…」

お当番 : たなかまこと

 「趣味はなんですか?」と聞かれるとちょっと困ってしまう。趣味がないわけではなく、 多すぎるからだ。車・ダンス・演劇・キャンプ… といまやっている事だけでも数多くある。 以前は天体観測・インラインスケート・スキー…などもやっていた。さらにこれから やってみたい事もたくさんある。基本的には僕の趣味は何か作る系か運動系のどちらかに わかれる。作る系は日曜大工や車いじりなどで、運動系はダンス・インラインスケートなどである。 さらにあまり回りの人がやってない事が好きなのである。いわゆる目立ちたがり屋なのだ

  熱しやすく冷めやすい典型的な群馬県人気質で、興味を持つととりあえずやってみる。 まず必要な用品を揃える、形から入るタイプ。そして熱中、やり始めの頃はそればっかり、 とことんやり込む。 そして…  飽きる。

  そんなわけで家には天体望遠鏡・一輪車・大道芸グッズ等趣味の残骸が数多くある。 もったいないと思うのだがこの性格はなかなか直らないのである。
  なんでもそこそこ出来るのだが、極めることが出来ない。「なんでもできてすごいねー」 などと言われることもあるのだが、そんなにすごいことはない。だからスペシャリストに あこがれてしまう。何とか一つでもいいから。他の人には負けない所まで極めようと思うのだが、 いつも駄目なのだ。なにせ練習が嫌いだから…
  「継続は力なり」この言葉のようになにかしら続けて行きたいと思う。僕の場合は どちらかというと「三日坊主」であったので、ちょっと頑張ってみようと思う。 今の自分からの脱却だ! 今回の決心は固い、何が何でも極めてやるぞ!!

  そこで問題が一つ、さてなにを極めようか?