シーン041:「カサ」

お当番 : 赤石 マサエ

  一年間の使用回数は、たいしたことないけれど、無いと困るものって、 いくつかありますね。 例えば自宅用のはさみやのり。 職場や学校なら、必ずといっていい程使用する機会がありますが、 自宅ではさみを使用するのは意外に少ない気がします。 でも、だいたい皆さん持っていますよね。

  カサも、そんな「あまり使わないけれど、無いと困るもの」ですね。 車社会群馬では、移動中にぬれることがないので、なおのこと出番が少ないカサ。 それなのに、気が付いたらいっぱいカサを持っていました、私。 必要な数で言えば、雨用の長いもの、折りたたみ一本ずつ、日傘を同じく一本ずつ、 計4本で良いはず。 なのに、玄関にもクローゼットにも、カサ、カサ、カサ・・・。
  子どもの頃は、わがまま言って、ちょっと高いけど本当に気に入ったものを買ってもらって、 長く使っていました。 大好きだったのは、小4の頃使っていた白いカサで、 折り目のところに、汚れが筋になって付いてくると、せっけんを付けたハブラシで こすってきれいにして、大事に大事にしていました。
  高校生頃から、コンビニで売っているビニール傘を使うことが増え、 だんだんカサを大切にする気持ちが薄れました。 「出先で降られても、 コンビニで買えばいいや」と思っていました。 でもね。 この年になると、 ビニール傘は恥ずかしいです。 もう「間に合わせ」をやっていて、許される年じゃないですよ。 と、私が、私に対して強く強く小言を言いたくなるので、ビニール傘は極力避けたい。 と思っている赤石マサエ、もうすぐ29歳です。

  今はまだ「コレ!」というものに出会えてなくて、必要に応じて買ったカサを 使っているけれど、近いうちに「コレ!」というものを手に入れたいなぁ…と思っています。 雨の日にも、私らしくいられるように。