シーン043:「おそばって。」

お当番 : おーつけーこ

  皆様こんにちは。皆様は、そば打ち体験をしたこと、ありますか? よくそば屋の店先のガラスの向こうで、ご主人がリズムよくやってますよね。アレです。 私は、この間、そば打ちを初めて体験することとなりました。

  講師は地元のお母さんです。まず、生地をこねる。これは楽しくて、気持ちがいいです。 ちょっとねんど遊びをしているような、そんな気分です。 そして、こねおわった生地を、少しずつ、少しずつのばしていきます。これも楽しい。 みんなで、「うわっ、そこやぶれるよ」なんてワイワイいいながらやりました。 そして… 問題は最後の仕上げ、生地を細く切る作業です。これが難しい! 先生は、「なんてことないのよ」といった感じで切っていくのですが、 いざ自分がやってみると、とても細く切れません。 「あぁ、どうしよう」なんて考えながらやっていくと、ますます太くなる。 「考えちゃだめだよ」と言われ、「リズムよく」なんて思いながらやると、 包丁がただまな板の上におちてるだけで、全然切れてないのです。

  経験するのは、よいことです。そばのおいしさは、何といっても、 あの細さとのどごしですね。初体験を終え、私はそばの味がするうどんを食べたのでした…。