シーン044:「残暑お見舞い」

お当番 : 瀬山

皆さんいかがお過ごしですか。今年の夏は、どこかお出かけになりました?
私は、なかなか取れないのんびり休みが取れたので、家で昼寝が出来ました。
どこかにでかけたのかと思いきや、家ですよ。ビバ! いえ! いぇい!
すいません、つい浮かれてつまらないギャグを言って(書いて)しまいました。

家での昼寝って最高ですよね。お昼ご飯を食べた後、暑さと眠気に甘んじて負ける。
ここが大事ですよね。「甘んじて」ですよ。
(以下昼寝までの経緯)
あ〜おなかいっぱいだな、眠くなってきたな。暑いしな。
眠っちゃおっかな〜。
いやいや、ここで寝たら午後が半分になってしまうよ。
でも、やることないしな。
いやいや、ご飯の後動かなかったら太るでしょ。
でもな〜・・・・(3回くらい繰り返す)
そうだ、寝よう、寝てもいい! zzz

「甘んじて」ない? ただの睡魔に負けた女?
いいんです、気持ちいいから。
幸せですよね。そして、窓からそよぐ風(笑)。
今年は昨年から比べたらすごしやすくて、昼寝にも最高!
普段も昼寝ができればいいんですが、それはできない勤め人。
いいんだ、たまにできるから気分いいんだもんね。(自分を納得させる言葉ですね)
皆さんも、お昼寝しませんか?
でも、勤務中はまずいよな・・・笑