シーン053:「昔の気持ち」

お当番 : おーつけーこ

  昔、私がこどもだった時、家に足ぶみのミシンがありました。 母がカタカタと音をたてて、いろんなものを作ってくれました。 小学校5年生くらいの時、自分のお年玉と母の援助で、小さいピンクのミシンを買いました。 その小型ミシンで、私もいろんなものを作りました。 数年後、そのミシンは動かなくなってしまいました。修理に出そうとお店に持っていくと、 「1万円程かかるので、新しいのを買った方が得ですよ」とのこと。 ですが、新しいのを買う気にもなれず、結局、修理にも出さずに、 こわれたままのミシンをずっと置いたままにしていました。 ずい分、長いこと、修理にも出さず、かといって捨てることもできずにいたのです。 最近、やっと、「こわれたままじゃ使えないし、新しいのを買おう」という気持ちになり、 小学生の私では買えないような、いいミシンを買いました。

  「自分のミシン」としては、これが2台目。 1台目とおさらばするのに、ずい分と時間がかかってしまいました。 その間、ミシンを使う楽しさをすっかり忘れていたのですが、 2台目のミシンで巾着袋を縫ってみたら、ワクワクする気持ちが少しずつ戻ってきたのです。 2台目ミシンさん、これからもよろしく。


back          next