シーン056:「演じることが好きだった?(その参)」

お当番 : 東 勝

  (その弐からの続き)

  大学時代。あいかわらず、一つの事に絞れず、 色々なことをやってみたかったため、幾つかの活動をしていた。合気道部と某運動部 (以下▲▽部。ちなみに▲▽部に所属している事はワケあって皆に内緒にしていた。)、 そして子供たちに携わるボランティア活動である。 2年間くらいはすべて頑張っていたが、その後、ボランティア活動に力を入れ、 他の活動をおろそかにし始めてしまったため、2つの部活はやめることになるのだが・・・。 しかし、全ての活動において「演じる」ことについて忘れられない経験もできた。 その話を(あいかわらず自己満足であるが)また語りたいと思う。

  春先、部活動紹介というのが新入生にむけて催される。 2年時、私は所属部員として、所属していた2つの部活の説明会に参加した。 まず合気道部。当時「セガサターン」というゲーム機が発売され、 TVで藤岡弘が「セガタ サンシロウ」という役で、 道着を着て「セガサターンしろ!」と熱く語るCMがあった。 それをモジった「アイキ ドウシロウ」という役をおおせつかった。内容はこう。 『江戸の時代、とある一室で悪代官と越後屋が私腹を肥やしていた。 お決まりの「越後屋、お主も悪のよう。いっひっひ。」越後屋が「これっ」と手を叩くと、 一人の生娘が強引に部屋に連れてこられる。 そこで女は帯をほどかれ、回転しながらお決まりの「あ〜れ〜。誰か助けて〜」。 そこへ障子を蹴破って、「アイキ ドウシロウ」登場。 バックコーラス「♪アイキドウシロウ♪アイキドウシロウ」が歌われる中、 悪人どもを合気道の技で倒していく。そして決め台詞。「合気道しろ!」。 そのまま去っていく。取り残される女・・・。』

  正直技が下手でテンパっていたが・・・おもしろかった。 そして▲▽部。秘密にしていた部活のため、顔は出せない。 悩んだ挙句考え付いたのが、ヒーローものだった。 だって仮面があるじゃない!できるだけおもしろくリアル感を出したかったため、 自分で作りました。顔だけでなく頭をすっぽり覆えるものを。 細かく話したいけど文章では伝えづらいし、自分の名誉のため、今回は断念します。 で、たった数分の劇でしたが、演出・脚本・出演しましたね〜。 ばれちゃいけないドキドキ感も加わり、おもしろかった!(続く)


back          next