シーン060:「憧れのジルベスターコンサート」

お当番 : 赤石 マサエ

  12月ですね。年末ですね。ジルベスターですよ!!
  子どもの頃の夢の1つに「大人になったらウィーンフィルのニューイヤーコンサートに行く」 というのがありました。いつかテレビで見てとても感動してしまい、 『ラデッキー行進曲』の手拍子をひとり黙々と練習したりしていました。
  子どもの頃の話なので、今となってはそれが‘ウィーンフィル’だったのか ‘ニューイヤーコンサート’だったのかさえ定かではありません。
  ですが、年末年始の数あるイベントの中で最も心奪われるのは、 やはりクラシックのコンサートです。そして私が今、一番憧れているのは、 東急ジルベスターコンサートです。毎年テレビ東京系で放送されている(残念ながら第二部のみ)ので、 今年は皆さんもぜひご覧ください。

  私が見ている限りでは(見られなかった年もあるのでよくわかりませんが)、 カウントダウンの曲は『ボレロ』(今年は『合唱』だそうです)で、 それに合わせてイイ男が踊っています。ラスト4秒くらいのところから 「チャ−−−−ン、タタタタ!」で0時ジャストに タクトが止まる。余韻だけが新しい年に響く。静かな熱い興奮。

  いいな、いいなぁ。Bunkamuraだしなぁ。 渋谷エクセルホテル(泊まってみたいホテルのひとつ)のセットプランでも30,000円しないしなぁ。 手の届く範囲なのになぁ。
  いつかいつかと思いつつ、今年のジルベスターもテレビの前で 「ブラーボゥ!」とやっているであろう私です。

  余談…ジルベスターって、ドイツ語で大晦日なんですって。 あ〜、ベルリンフィルのジルベスターコンサートにも行きたいな〜。(いつの話?)


back          next