シーン061:「立ち読みも努力のうちなのです」

お当番 : しんご

  久しぶりに書店をハシゴして、本を探しました。
  本を探すと言っても目当ての本があるわけではなく、素敵な絵本を見つけにです。

  子供の頃、学校の図書室に並んでいた『機関車トーマス』と『ピーターラビット』の 両シリーズを、何度も何度も借りて読んでいました。 もちろん絵本ですから物語と絵の両方がとても良かったのですが、 それぞれに出てくる沢山の魅力的な登場人物(!?)たちも大好きでした。

  大人になってからも絵本を読むことが好きでしたが、物語性よりも言葉の言い回し、 そして何より絵の雰囲気にこだわるようになりました。 中でもお気に入りは、ユリー・シュルヴィッツの『よあけ』。 これは大人が読んでも十分に読み応えがある作品だと思います。 静寂の中で感覚が研ぎ澄まされる、とても詩的な作品です。

  さてさて、書店の絵本コーナー。目に付いた本から、パラパラと見ていきます。 品定めをしてから買える、絵本のいいところです。
  ポイントは、まず物語。判りやすく、それでいてちょっぴり感動的なお話。 読んだ後につい微笑ましくなっちゃうお話もありです。そして絵。柔らかいタッチのもの。 ごちゃごちゃしているのは好きではないので、シンプルなもの。 ・・・まぁ、結局は個人的な趣味が多分に影響します。
  気が付くと、絵本を探し始めてから2時間程が過ぎていました。 そして2冊の絵本を選びました。本当は誕生日が適切なのかもしれないけど、 お話が気に入ってつい買ってしまった『ぼく、お月さまとはなしたよ』と、 優しい絵とお話の『どうぞのいす』。

  2冊の絵本は、きれいにラッピングしてもらった後、サンタクロースへ託しました。 気に入ってくれるといいなぁ。


back          next