シーン067:「石油ストーブ」

お当番 : 赤石 マサエ

  世の中には、便利なものがたくさんあって、私達の生活をより快適にしてくれています。 家電はその代表選手。半年毎に新製品が出る勢いで、機能満載なキカイが次から次へとお目見えします。

  情けないかな、そんな流れになかなか付いていけない私。 こののぞき穴とか、パンフに載せる原稿なんかは、 B5の400字詰ヨコ書き原稿用紙(愛用品〓)に、 万年筆かボールペンで下書きしてからメールで送っています。 直接Wordで、とかムリムリ。頭の中とパソコンは繋がらないのよ(心はもっと繋がらない!)。 ちなみにメールも面倒くさいときは、FAXが大活躍。断然早い。

  電子レンジだって、うちでは「あたため」機能くらいしか使われていません。 レンジはレンジ、オーブンはオーブン、オーブントースターはオーブントースター。 みんな役割が決まっているので、それぞれ必要なんです。…ムダ?

  という、アナログに未練たっぷりな私が特に好きなのは、石油ストーブ。 これは、@部屋が温まる、Aお湯を沸かせる(加湿器代わり)、B煮物を作ると旨い、 とアナログなのに多機能なスグレモノです。 昔はさらにCスルメや干し芋をあぶる、D焼き芋を作る、というのもやっていました(赤石家調べ)。 Bの中でも特に、「小豆」と「おでん」がよろしいようです。

  昔ながらのものって、意外といいんですよ。 オシャレなデザインの最新のものもステキかもしれませんが、 「おばあちゃんちにあった」的なものも、とてもステキです。 と、堂々と言いたいのですが、これは、「おばあちゃんち」のこどもの、負け惜しみでしょうか。


back          next