シーン072:「忙しさの中で」

お当番 : 瀬山

気候も一段と春めいてきて、
花粉がとび回る今日この頃ですが、いかがお過ごしですか?
今や国民病とも言われる花粉症に、私も悩まされ、
目はしょぼしょぼ、鼻はぐずぐず、花の下の肌はぼろぼろです。

毎年のことですが、3月は何かと気ぜわしく、劇団の方ものんびりしていますので
仕事に専念する形になるのですが、
これがまた忙しい!
「心を亡くす」と書いて「忙しい」
こんな時、本当、自分でも何から手をつけていいのか
もう終わらないんじゃないかと、私はよく不安になり、やる気をなくすのが常です。
そんな時、読んだ本の中に、こんな内容のことが書いてありました。
「とりあえずの一歩を設定する」
やり始める前に、膨大な量を考えて、すぐにへこたれてしまう私は、
とりあえず、この一時間で、こんなことをしようと考えると、少しやる気がわきました。
行動が先なんですね。
この一時間にすることも、すっごく簡単なことを考えるんです。
例えば、花に水をやるとか、部屋のコップを持っていくとか…。
行動し始めれば、何となくいきおいがついて、
後は何とかなったりします。

忙しさの中で「心を亡くさない」ように自分をコントロールすることが、
私にとって、すごく難しいことで、課題です。
少しずつ、少しずつ前進することで、ゴールに近づこうと考え方をかえている途中です。
あとは、気分転換に、ランニングしつつ、梅などを眺めては
心をなごませていますね。

クシュン!

※「こころがラクになる本」森川那智子、大和書房 1300円


back          next