シーン080:「おばあちゃんの着物」

お当番 : おーつけーこ

  前回公演「法王庁の避妊法」では、衣装として着物が必要となりました。 いろいろな方にお世話になりながら、着物をそろえ、着付けをしていただきました。 本当にありがたく思います。

  さて。私と着物の接点といえば成人式や友人の結婚式で着た程度で、 その機会は数える程しかありません。 前回の公演の際、着物を着るのに必要な小物類を出していましたら、 普段着らしい着物が数枚あるのを見つけました。 聞けば、母が嫁入りの時に、祖母が縫ってもたせてくれたとのこと。 数枚の着物を見て「よくこれだけ縫ったなあ」と感心するばかりです。

  今回、縁あって、その着物を私が着ることになりました。 母より少し背の高い私ですが、なんでも大きく作った祖母のおかげで、 サイズは私にピッタリのようです。おばあちゃんありがとう。孫の私が着させてもらいますね。


back          next