シーン084:「Jazz」

お当番 : おーつけーこ

  以前の劇団シブパの公演にJazzに関連したお話がありました。 雰囲気を味わう為に、劇団員でJazzが聞けるレストランへ行ったりもしました。 その公演後、Jazzにほとんどふれることもなく過ごしていました。 が、最近、友達が選んでくれたおすすめの音楽の中にJazzが入っており、 それを聞いてから、ちょっとはまっています。

  私は、Jazzのことは詳しくありません。 「Jazzのことは」というより、音楽全般的に詳しくはありません。 そんな私でも、Jazzを聞いて「心地よい」と感じることができます。 私が今聞いているのは、ピアノとベースとドラムスのトリオ。 時にピアノが、時にベースが、時にドラムスが主役となり、 リズムや音の重なりが様々に変化して、とても心地よいのです。 三人がお互いを感じて演奏しているのも、とてもすてきだと思います。 そして、さらにもうひとつ、すてきだと思えるのは、 そのアルバムが私の生まれる前のものだということ。 ちっとも古さを感じないのです。今日も1961年のアルバムを聞きながら、 一人、うっとりしております…。


back          next