シーン085:「All Aboard!!」

お当番 : りょーじ

  先日、無事劇団シブパ第11回公演が終了いたしました。
  毎度の事ながら、本公演に何かしら関わってくれた多くの人々に感謝するとともに、 自分の至らなさを痛感し、反省する日々を送る今日この頃です。
  …とまぁ、この話を連ねていくと、トリトメがなくなってしまうのでこの辺で。
  今日は 「約三十の嘘」 での舞台でもある「電車」の話を。

  「電車」からイメージするものと言えば、およそ一般的なのは「旅」でしょうか。 しかもただの旅じゃなく、なんとなく嬉しさが伴うような旅。 他にも青春時代、地元の友人が上京するなどの前向きな別れのイメージを持つ「旅立ち」。 私も電車にまつわることを何か思い浮かべようとすると、ドキドキ・ワクワク感と共に 『観劇ツアー』 がまず頭をよぎります。 どうやら電車は、 前向きな印象を与えやすい、 という気になってきます。
  公演に向け、電車関係の音を探していると、確かに暗い曲には行き当たりませんでした。 やっぱりドキドキ・ワクワク感を与える曲が多くあり、 その代表としては 「"A"列車で行こう」 が挙げられるでしょう。

  You must take the "A" train
  To go to Sugar Hill way up in Harlem

  このジャズの名曲は、有名バンドの「デュークエリントン楽団」のテーマ曲として知られています。 "A" Train というのはニューヨークの地下鉄の路線名で、 マンハッタンを南北に走る8番街線の別名だそうです。
  話によると、この Sugar Hill というところに、楽団のボスが住んでいたらしく、上記英文は、 デュークエリントン楽団の人達が、「ボスの家に行くためには、"A" Trainに乗らなきゃ」 というニュアンスらしいです。
  私たち劇団シブパの感覚で言うと、「主宰と打ち合わせるために、両毛線に乗らなきゃ」とか、 「新前橋へ稽古しに、両毛線に乗らなきゃ」ってな感じでしょうか。
  うん。やっぱり電車は「ドキドキ・ワクワク」を伴っている。

  「ドキドキ・ワクワク」を味わえるという意味では、私たち劇団シブパも 一つ「電車」に例えることができるかもしれません。
  『どこまでも続くレールの上を 少しの幸せ求めて走っていく。 ドキドキを乗せて。』
  さぁ、次の駅はどこだろう。 幸せたくさんつめるといいな。 電車をみた人に少しの幸せ、あげられるといいな。

  「ドキドキ・ワクワク」を味わいたい人、"S" Train に乗ってみませんか?
  All Aboard!!


back          next