シーン088:「日常と非日常」

お当番 : おーつけーこ

  劇団シブパ第11回公演 「約三十の嘘」 にご来場いただいた皆様、 そして、 私達の公演を支えて下さったたくさんの方々、 本当にありがとうございました。 心から感謝しております。

  さて。 公演を無事に終え、 一ヶ月が経ちました。 今回、 役者として参加しましたが、 舞台そでで開演を待つ、 あのなんとも言えない感覚は、 日常生活では、 なかなか味わえないものです。 緊張で落ち着かなく、 床に座ってじっとしていたり、 かと思えば、 心の中に何かが湧いてくるように意気込んでみたり…。 そして、 こんな経験をさせてもらえる私はとても幸せだなあ、 と感じながら開演を待っておりました。

  そして、 また、 今、 落ち着いた日常生活が戻ってきました。 料理をしたり、 新しいCDを聞いたり、 ボーッと歩きながら 「月がきれいだなあ」 と思ってみたり。
ありふれた日常、 舞台そでという非日常。 私にとっては、 どちらもすてきな時間です。 しばらくは、 ありふれた日常を楽しむことにします。


back          next