シーン089:「ありがとうございました。」

お当番 : 瀬山

早いもので、 第11回公演 「 約三十の嘘 」 から一ヶ月がたってしまいました。
公演までの一ヶ月は、 本当に、 本当に長くて
「 これって、 本番がくるのか? 」
と思っていたものですが、 過ぎてしまうと早いものです。

今回、 急な配役、 しかもダブルキャスト。 結構しんどいこともありました。
が!
私って、 過ぎたことはどんどん忘れていく人間なんですね。
どのくらい忘れていくかと言えば、
「 大学の友人といった四万温泉の記憶をすっかり忘れ、 当時彼氏だった旦那を ” 四万温泉は行ったことがないからそこがいい ” とわがままな旅行に誘ったあげく、 現地についたとたん、 ” デジャブを感じる ” と豪語してしまう 」
くらい忘れていく人間なんですね( 笑 )。
だから、 もうしんどかったことなんてほとんど覚えてません。

しかも、 先日某所で、 見に来てくださったお客様とお会いする機会があり、
「 すごくおもしろかったわ。 毎回、 がんばってますよね。
後ろに座っていたお客さんも、 瀬山さんが出るって話題にしていましたよ 」
なんて言われたら、 しんどいことの 「 し 」 すらも忘れていきますよね。

ほんと、 お客様がいての公演だよな〜 としみじみです。
私なんて、 お客様の一言で毎回、 舞台に立っているようなものですよ。
見に来てくださった方、 そして、 公演を支えてくださった方には感謝です。

え? 忘れっぽい私でも、 これだけは忘れませんよ。
「みなさん、 ありがとうございました」


back          next