シーン091:「ひたまのえんげき日記8」

お当番 : 柳 緋玉

『芝居の映像はつまらない』
これ、 どうしてなんでしょうね。
舞台観てあんなに感動して、 「 この感動を何度でも ! 」 って思って ビデオやらDVDやらを購入するんですが・・・大抵1回見ておしまい。
舞台の面白さが100だとすると、 映像になるといいとこ15ですね。
客席で観るよりよっぽど近くでよく見えるのに。
やっぱり『臨場感』とか『空気』とかが大切なんでしょうね。

・・・なんですが。
出会ったんですよ。 すごいビデオに。
それが 『 身毒丸 1996 』 ( 寺山修司作 ・ 蜷川幸雄演出 ) 。
ネットで購入しました。 なんと400円 ! ( 送料 ・ 手数料合わせると1000円くらいになっちゃったんだけど ) 。
ちょっと興味のあった作品だし、 この値段なら失敗してもいいかなって言う軽い気持ちで。
で、 感想。
見終わった後、 深く深呼吸しました。 息することを忘れてたんです。 それくらい見入ってました。 ものすごい 『 世界 』 でした。
芝居って、 総合芸術だなぁと改めて感じました。
役者、 装置、 音楽、 照明 ・・・ それらを全部総動員して、 1つの 『 世界 』 をつくること。

それが芝居なんだなぁと。

あぁ!  芝居がしたいっっっ!


back          next