シーン096:「冬≒プレリュード」

お当番 : りょーじ

  冬です。 日ごとに息が白んでいく今日この頃。 皆様はいかがお過ごしですか。
  「枕草子」の作者・清少納言は、 冬の良さの一つは、 早朝の寒さにあると説きました。 布団が恋しくなるような寒さの中にこそ、 「 キリッ 」 と引き締まる想いがある。
なるほど。 逆転の発想の中に、 確かな 「 をかし 」 を感じられます。

  古人が冬に美しさを感じ、 それを詠ったのと同様、 現代の日本人も当然、 冬には冬の美しさを詠います。 中でも、 私が最も好きなウタは、 TMネットワークさんの 「 Still Love Her 」。 北条司さんの名作 「 シティーハンター 」 アニメ版の 2nd シーズンエンディング曲として 広く知られています。 コード進行は、 3コードの繰り返しを基調に成り立っており、 その単調さが逆に、 穏やかな冬の景色を連想させ、 やわらかな日差しのような暖かさを演出しています。 その歌詞の中に、 「 12月の星座が一番素敵だと… 」 という件があります。 12月の私の帰路は、 当然のように首を傾ける回数が増え、 その度、 心の中でこの調べを奏でています。
  歌詞の中で主人公は、 ある女性との冬の淡い思い出を、 冬独特の寂しさとともに、 今なお暖かく思い出しています。 そしてここにも、 「 寒い時があるからこそ暖かく想える 」 という 逆説的な 「 をかし 」 が隠されています。

  冬の寒さは、 やがてくる春への前奏曲。
  心の中で奏でながら、 シブパな暖かさを ゆるやかに、 をかしさとともに、 待ちたいと思う私なのでありました。


back          next