シーン099:「ひたまのえんげき日記9」

お当番 : 柳 緋玉

1・「朧の森の棲む鬼」(劇団☆新感染)
2・「地獄八景浮世百景」
3・「神の子羊」(前橋演劇倶楽部)
4・「ある日、ぼくらは夢の中で出会う」(前女演劇部)
5・「エンジェルス・イン・アメリカ 〜ミレニアム〜」(tpt)
6・「写楽考」
7・「まつさをな」(キャラメルボックス)
8・「軍鶏307」(劇団桟敷童子)
9・「桜の森の満開の下」(アンサンブル)
10・「楊貴妃乃漢方薬」(ファントマ)
11・「西遊記」(むすび座)*人形劇
12・「お気に召すまま」
13・「犬顔家の一族の陰謀」(劇団☆新感線)
14・「夢顔」
15・美輪明宏音楽会「愛」
16・「博多湾岸台風小僧」(劇団桟敷童子)
17・「しゃんしゃん影法師」(劇団桟敷童子)
18・「百鬼伝説」(micro☆max)

今年観た芝居を上げてみました。
こうやって一覧にしてみると、 『 初めて 』 の喜びと 『 再演 』 の喜び、 矛盾した2つの喜びがいっぱいの1年だったなぁ〜と感じます。
それと、 ずいぶん偏りがあるなぁ〜とも( 笑 )。
みなさんは芝居を観に行くとき、 何を基準に選びますか?
作品? 劇団? 演出 (脚本) 家? それとも・・・?
ひたまは 『 役者 』 で選ぶ傾向が強くなってきました。
これって、 あんまりいいことじゃないみたいです。 でも、 ひたまはその人の舞台を観るとすごく元気になれるし、 その人の選ぶ芝居が好きなんです。 ひたまがシブパの公演間近にも関わらず、 芝居を観に行くのはそのためです。 ( それでいつも叱られます 。 )

来年はシブパ充電の年。
この次みなさんにお会いできる時には、 舞台の上から元気をいっぱいいっぱい送れるよう、 そんな役者になれるよう精進したいと思います。


back          next