シーン103:「チームシブパ」

お当番 : おーつけーこ

  私の父はスポーツ観戦が好きで、 よく、 テレビのスポーツ中継を見ています。 私は、 スポーツは苦手で、 見るのも特に好きではありませんが、 父が見る野球やサッカーの試合を何気なく見ています。 今年の箱根駅伝も、 父は真剣に見ていました。 今年はアクシデントが多く、 大変なレースとなりましたね。

  スポーツが苦手な私にとって、 テレビ画面に映る選手達は、 私には程遠い存在です。 それでも、 チームが一丸となって勝利を目指す姿や、 試合後のインタビューの言葉などに感動することはできます。 「 チームってすごいな 」 と、 つくづく感心したりします。

  そんなスポーツチームに憧れの眼差しを向けていた私ですが、 よくよく考えてみると、「 私もチームの一員だった 」 と、 ふと気付いたのでした。

  チームシブパ。 うちの劇団は、 スポーツチームでは、 ありません。 でも、 スポーツチームのようなものです、 たぶん。 勝敗を決める試合は行ってません。 でも、 目指すゴールはひとつです。

  何度となく稽古をしても、 いざ本番となると、 いろんな失敗があったりしますが、 その度に、 チームのメンバーに助けられてきました。

  今年、 シブパは充電期間。 チーム、 一丸となって、 レベルアップしていけたらいいなあ、 と思っています。


back          next