シーン106:「ソフトからハードへ」

お当番 : 草原 ピッピ

あ、これは私のコンタクトレンズのお話です。
そうですっ!一大決心をし、ソフトからハードに切り替えました(泣)
ずっとソフトだった私、使っているタイプと言えばワンデーでも一ヶ月使い捨てでもなく、 2、3年で寿命がくる、いわゆる普通のタイプ(笑)
そろそろ今のが寿命なので眼科に行き新しいのをと思い、速攻で眼科へ!

先生に「ソフトよりハードの方が瞳に優しいですよ」とハードを勧められる。

「はい」…とは言ってみたものの。

実は前にハードを試した事がある。
えぇ、瞳に優しいから(笑)

しかし、目がゴロゴロするわ涙もボロボロ出るわで、使ってみたもののどうも相性が合わないっ!

あらゆる『痛い』買い物しちゃった私、トホホ。

そんなこんなで先生に過去の失敗談を聞いてもらう。

すると「今のは前のより薄く、カーブもなだらかなので、ずっと付け心地がよいですよ」

1、2年でぐっと改良されてきたとの事。

「ほほぅ、ならば使ってみたい、目の健康を考えれば、やっぱりハードだな、 受付に貼ってある『目の病気』シリーズ見ちゃうと余計に心配になっちゃうし…」

よぉしっ!決めた!!
「今はハードに失敗した昔の私じゃないのよっ! 幾らか年をとり、幾分かの人生経験もしてきたつもりっ!なんのこれしきっ」

と自分を鼓舞し、先生に鼻息荒く決意表明!!
「ハードにしますっ!!」

軽く流され、先生に何枚か違うタイプのハードレンズを付けてもらい、比べてみる。

「うぅむ、違和感は否めない、瞬きすると一瞬視界がぼやける…慣れるって本当かな?

あれ?でも昔より明らかに付け心地はいいわ」
アシスタントの人に装着、外し方の説明を受け、終了〜!

と、思いきや、ここからが長い長い!

視力検査(c見るやつ)を三回やり、眼科に行った方は経験おありでしょうが、 機械を覗くと気球が見えるやつを三回やり、その間受付で数回待たされ…

これは丁寧というか、手際が悪いぃ〜っ!!


そんなこんなでハードコンタクトを使い初めてはや数日、 まだ取り外しに苦労するし、違和感もあるが昔の二の舞には決してなるものかと、 日々奮闘中なのでございました♪

皆さん瞳を大切にね☆


back          next