シーン113:「幸せなひととき」

お当番 : 楓 珠美


  はじめまして。 楓 珠美と申します。

  先日、娘と緑化フェアに行って来た日のことをお話します。 晴れ時々にわか雨、また晴れたかと思うと突然の雨という、 忙しい天気ではありましたが、前橋会場は市内外から集まる人々で ごった返しておりました。会場内は、素晴らしく手入れの行き届いた花壇の連続・・・ 花の名前を順番に確認しつつ、初夏のさわやかな季節の散歩を楽しみました。

  さちの池より、道路を潜って利根川水系ゾーン(親水公園)へ出ると、 さっきのにぎやか感とはうって変わって、静かな空間が広がっていました。 雨雲に隠れていた太陽も顔を出してくれたので、ここらでちょっと一休み。 私は、体力の低下を実感しながらベンチに腰掛け、娘は噴水のしぶきを浴びながら 走りまわったりして過ごしました。

  しばらく後、半ば興奮気味に私を呼ぶ娘の声がしたので、向かうとそこには、 娘の大好きなシロツメクサが歩道沿い一帯に咲いているのでした。 シロツメクサといえば、幸せを呼ぶという四葉のクローバー。 四葉探しに熱くなってしまうのは、私だけでしょうか?!  ・・・必死に探すこと、10分、ついに四葉のクローバーを発見!!  嬉しかったですね。ついにやった!!と思いました。 すると次の瞬間、娘が「あ、ここにもあったよ。」と、 さらにもうひとつ、四葉を発見! シロツメクサというのは、 マメ科シャジクソウ属、地下茎で広がっていくそうです。 周囲を探せば、どんどん出てくる出てくる出てくる・・・。 気がつくと、14本の四葉を手にしていました。 これはちょっと、ありがたみに欠けるかな!? いえいえ、多ければ多いほど、 その分幸せになれる! そう信じて、獲得した喜びにしばらく浸っていました。 ・・・それにしても、ビックリ!!

  ゆっくり散歩したり、綺麗な花を観賞したり、 四葉を探したりできる些細な時間をもてることも、‘‘幸せ‘‘なんでしょうね。 思い切りそんな時間を満喫し、二人で作ったシロツメクサの指輪と髪飾りをお土産にして、 その日は家路につきました。
  いいことありますように。。。

  これから、シブパの一員として精一杯頑張りたいと思います。
  宜しくお願い致します。


back          next