シーン119:「北京五輪閉幕」

お当番 : しんご


終わっちゃいましたね、北京オリンピック。

今回は時差がたったの1時間という中国での開催。
時差が何時間もある遠い国での開催の場合、 テレビのLIVE中継が深夜になることが多く、 次の日の仕事もあるし、なかなか見られない…なんて悔しい思いをすることが多々あります。 しかし、今回は時差1時間。これはテレビ観戦しやすいかも、なんて安易に考えていたら…。
なんてことはない、仕事中の真っ最中で、やっぱり見られずに悔しがることが多々ありました。

オリンピックは様々な競技・種目があるので、いろいろと見てみたいと思うのですが、 テレビ中継されるのはどうしても人気がある種目に偏りがち。
なので、印象に残るシーンも、如何せんメジャーなものに偏りがちになってしまいますが、 いくつか…。

○柔道の内柴選手
  もちろん、一本勝ちを狙う試合内容も見応えがありましたが、 金メダル獲得を決めた決勝戦の直後、観客席に向かって家族の名前を叫んでいた姿を見て 感動しましたが、父親としては悔しさも感じてしまいました。ヒガミかなぁ。

○柔道の谷選手
  連覇ならず、という報道がとても多かったですが、 それでも銅メダルを獲得したし、何よりも20年近く第一線で居続けるということ自体が 賞賛されるべきことだと思います。同じ歳としてのライバル(!?)に、心から拍手です。

○水泳の北島選手
  100Mで金メダルを獲得した時の言葉、「なんも言えねぇ。」
  その一言がとてもカッコよく感じました。 前回の「超気持ちイイ」なんかよりも、よっぽど名言であるように思います。
  蛇足ですが、シブパの第9回公演に客演として出てくれた橋本大介氏と、 なんか似てます。第12回公演では…。

・・・うむ、キリなく出てきそうなのでこの辺で切り上げますが、最後に。

○水泳の100M×4メドレーリレー&陸上の100M×4リレー
  やっぱり、私は個人種目よりも団体種目の方が好きみたいで、ホント感動しました。 銅メダル、おめでとう!!!!って感じです。

力を合わせて共に挑む。これが好きなのかもしれません。
誰しもその人のドラマがありますが、人が関わり合うことで、 そのドラマは何倍にも厚みを増すのではないでしょうか。
気が付けば、芝居創りもまさにそのもの。
オリンピックを見て興奮したそのエネルギーを、稽古にぶつけていきたいと思います。


back          next