シーン123:「ひたまのえんげき日記10」

お当番 : 柳 緋玉

劇団☆新感線『五右衛門ロック』

・・・おもしろかったです!!!
新宿コマならではの、歌あり踊りありの超エンターテイメント。
何がよかったって、古田さんがセンターにどっかりいたこと。
それと、橋本さん・粟根さんががっつり組んで、立ち回りをしてたこと。
公演規模がどんどん大きくなって、ゲストが豪華になって、その分劇団員たちが 「賑やかし」的な扱いになっていて(当人たちはそれを喜んでるふうもあったんだけど)、 やっぱり寂しいなぁと思っていたわけですよ。だからこの舞台は昔の新感線な感じで とっても嬉しかったです。(ゲストは相変わらず豪華でしたが)。

久しぶりのいい席で、役者さんたちの表情がよく見えて、爆音で心臓がドコンドコンしました。 なんたってハードロックの生演奏ですからね。もうノリノリですよ。 カーテンコールは恥ずかしげも無く、立ち上がって拳振り上げちゃいましたよ。
表の幟も芝居小屋みたいでよかったし、ラストの3段せり上がり+海もとっても良かったです。 コマは今年いっぱいなんですよね。見納めできてよかった。

豪華ゲスト陣の中では、客演2回目の森山未来くんが美しかった♪ 「悲劇の王子」がぴったり! 前髪とかね、マントを翻すとことかね、あと何と言ってもタップ! 背中とかふくらはぎとか、 身体のラインがとってもきれいでした。(歌はちょっと危うかったけど)。

真夏にぴったりの、スカッとする舞台でした。
観られてよかった!!!


back          next