シーン125:「大地讃頌」

お当番 : 舘川 トモヒロ


みなっさま、おっひさしぶりです。
秋ですねぇ、秋。心地よい風は吹くわ、金木犀は香っちゃうはで、
もう秋真っ盛り。真秋ですね。
そんな秋ですが、如何お過ごしでしょうか?

食べてる?
運動してる?
勉強してる?
恋してる?

んもう、なんでもござれなこの季節♪
まぁね、わたくしの一押しの秋は、やっぱり“音楽”♪♪
そろそろ皆様にとっての「この一曲!!」っちゅ〜のが 染みて来る季節じゃぁないですか?
さぁ、サウンドマシーン舘川がオススメする、「秋はこの曲」 を紹介しましょかね。

☆「大地讃頌」 by PE'Z
 そう、合唱コンクールでおなじみの例の曲です。
その例の曲を、JAZZ BANDのPE'Zがアレンジしたもので、インストゥルメンタルです。
原作者側の要望とPE'Z側の編曲の行き違いから、若干問題があった楽曲なのですが…
その辺の事は置いておきまして。

大地讃頌は、とても自然を意識させる歌詞、旋律ですよね。
自然…つまり木々草花その他諸々(以下、彼ら)を私はイメージしたのです。
まぁ、曲名が大地なので木々草花にスポットを当てると、 いささか限定しすぎているような気もしますが…

肝心の曲のイメージ、行きます。
冬になれば、息を潜める…
冬が彼らの舞台の終幕であるとするならば、
色づき香る彼らの舞台のフィナーレ…つまり秋は四季のフィナーレである、と思うわけです。
そしてフィナーレの後にはエンディング。そのBGMに、PE'Z の大地讃頌がぴったりなんですよ!
徐々に彼らのパワーがスローダウンしてくるも、なお華麗に己を飾る。
そんなイメージが沸々と湧いて来るんですよ。
(…じゃぁ、どの季節で幕が開くのか?とか野暮な質問はナシでお願いします。
四季の後半にスポットを当てた妄想ですので…)

ちなみに、原曲の大地讃頌も「土の歌」全七楽章―の第七楽章、 つまりフィナーレなんです。
以前、BILL EVANSの「枯葉」を紹介した(と、思う)のですが、
それとは違った秋を楽しめるんじゃぁないでしょうか。
是非、おためしあれ!

では、今日はこの辺で。
御機嫌よう。


back          next