シーン127:「イルミネーション」

お当番 : しんご


11月も後半になると、そこかしこで光り輝く イルミネーションを見かけます。
テーマパークや店舗、結婚式場や街路樹などなど…。
年々、量や種類が増え、凝った作りになってきているように感じます。
夜景を眺めるのが好きな私は、そんな光を目にするたびに 「ここもかぁ。」などと思いつつも、何だか嬉しくつい見入ってしまいます。

新興住宅地の中にある我が家の周りにも、 建物や庭をイルミネーションで飾る家が多くあります。
例に漏れずに、我が家もちょこっとやり始めました。
「ああしたい、こうしたい…」というのはありますが、 何せ金額が張るので、ちょこっとです。
ですが、中には「どれだけお金をかけてるんだろう!?」と 思ってしまうほど派手に飾っている家もあります。

商業施設にしろ個人宅にしろ、イルミネーションの輝きは 確かに「キレイ」ではあります。
しかし、豪華に飾られていればいいかというと、 そうではないように感じます。
個人的な嗜好もあるのでしょうが、「スゴイ」と感じることが、 イコール「ステキ」と感じるとは限らないのです。
量が少なくとも、「ステキ」に飾られている所も多々ありますから。
大事なのは、センスということでしょうか。

当然、我が家の出来は棚に上げてのことですが…。


シブパは劇団員が11名と少ない弱小劇団ですから、 豪華な「スゴイ」舞台は創れないかもしれませんが、 「ステキ」な舞台を創ることで輝き続けていきたいと思います。


back          next