シーン130:「ひたまのえんげき日記11」

お当番 : 柳 緋玉

『幕末純情伝 〜龍馬を切った女〜』

数ある芝居ビデオDVDコレクションの中で、 『聖書(バイブル)』になっている物がいくつかあります。 突然見たくなる、何度見ても心が揺さぶられる・・・その中の1つが、 つかこうへい作、筧利夫×広末涼子の『幕末純情伝』です。 その舞台がつかさんの演出で再演されるというので、 「あの感動をナマで味わえる!」と、ものすごく楽しみにして観に行きました。
・・・が、全くベツモノになってました。
総司が女なのは変わらないんですが、なんと龍馬まで実は女だった という設定になっていて(元宝塚の男役が演じていました)、 それはないだろうと、がっかりを通り越して憤りを感じてしまいました。

以下、感情的に話します。

だってさ、この芝居は『ラブ』が核になってると思うんだよ。
龍馬がそう言ってたじゃん。
「国とは女のことぜよ。
日本とはお前の美しさのことぜよ。
明日とは男と女が見つめ合う熱いまなざしのことぜよ。
国とは男と女がいとおしく思い合う意志のことぜよ。
その強い意志がある限り、国は滅びん」
・・・ってさぁ。それが、女同士になったことで性別の優劣みたいに なっちゃって、それは違うと思うんだよ。 女だけじゃ国は成り立たないんだから。
1個人1個人が『ラブ』し合うことが、ひいては国を『ラブ』することに 繋がるんじゃないかなぁと思うんだよ。 あたしはこの芝居のそこが好きだったんだよ。 あの龍馬の・・・って言うか筧さんの、暑苦しいくらいの『ラブ』が。 それは総司に対してだけじゃなくて、敵味方関係無く、 新しい時代をつくろうとしている同士たちに対して、 この国に対しての『ラブ』、それがこの芝居の1番大事な部分だと思うんだよ。

・・・失礼しました。
あれはあれで、新しい物として観れば『来る』ものがあるんではないかと 思います。

前作も出演されていた武田さんが素敵でした。


back          next