シーン133:「ありがとうございました」

お当番 : 楓 珠美


  第12回公演『ヒトミ』を終えて、まだ興奮が冷めやらぬうちに書いています。
思い出しただけでも涙が出てきそうな、多くの経験をしました。 今私は、皆で創ることの充実感と、(生意気ですが)“やり遂げた” という満足感と、全てにおいて感謝の気持ちでいっぱいです。

  今回の公演で私は、もう一人の新人のりかと一緒に、音響を担当しました。 演劇に対し、素人で入団して早1年と1か月。初めての公演ということで、 右も左もわからないまま8か月前、『ヒトミ』の稽古が始まりました。 稽古中は、「音を間違えないように入れなきゃ!」と緊張し通しでしたが、 慣れない音響機器の操作への戸惑いと、“音”に対する自分のセンスのなさに ガッカリしつつも、何もかもが初めての経験で、毎回の稽古が新鮮でした。
  公演自体に対する実感は暫くは無かったものの、稽古に参加していくうちに、 他のメンバーの影響が強く、良いものを観客の方々に観て頂きたいという意識を 持つようになっていきました。稽古から公演までの8か月に得られたものは とても大きく、改めて自分を知ることが出来ました。同時に、 演目の主人公ヒトミのように、自分は周りの多くの人達に支えられながら、 励まされながら、今ここに居られるのだと思いました。
  実際の音響に対する不出来を情けなく思い、緊張のあまりプッレッシャーに 負け、自分をコントロール出来なかった時もありました。そんな時、今回一緒に お芝居を創ることができた仲間に励まされ、勇気をもらいました。

  この場を借りて、お礼が言いたいです。
  陰で支えてくれた、失敗しても励ましてくれた、 迷惑かけても見守ってくれた、演劇に出会うきっかけをくれた・・・ そんな私の周りに居てくれる全ての人達に、“チャンス”を与えてくれたことを 感謝します。  ありがとうございました。


  小屋入り3日間から2日間の公演までの、計5日間。 過ぎてしまえば、あっという間のような気もする、しかし、 長かったようにも思える・・・とても中身の濃い、また一つ成長できた5日間 でした。この5日間をこれからの糧に、日々頑張っていきたいと思います。
  今後とも、私 楓珠美 を宜しくお願い致します。


back          next