シーン135:「パチッときません!?」

お当番 : 赤石 マサエ

  乾燥激しい、嫌な季節ですね。肌はカサカサ、髪はバサバサ、私はパチパチ。 そうなのです。私はものすごく「静電気持ち」なのです。

  自動車から降りるとき、鍵穴に鍵を差し込むときはもちろん、 手を洗おうと水道の蛇口から流れ出る水に手を差し出したときも、 人にものを渡そうとしたときも、はてはセルフ給油の 「はじめにこれに触れてください。パチッときません」に触れるときも!! これには言葉を失くしました・・・。だって、「パチッときません」って 書いてあるのに、思いっきりパチッときてるんだもの! まあ、ここで放電しておけば大丈夫って意味なのかもしれないけど。

  あまりに静電気に悩まされるので、いろいろ教えてもらった対策は やってみているのですが。例えば、自動車から降りるときは、 ドアを開けたら自動車のボディーに触れた状態で地面に 足を着くようにするとか。これは十中八九ダメでした。 まず、ボディーに触れるときに「ビリッ」てきてしまいます。 で、その後足を地面に着けるとき、腿の裏がボディーに近づいたところで 「パチッ」ってきてしまうのです。

    さらに、私は静電気を帯びてしまうのも早いんです。 そんな痛い思いをして、自動車から降り、階段を上って部屋のドアを 開けようとしたその時、鍵穴の恐怖が・・・!さっき放電したばかりなのにぃ。 電子機器に触れるのはものすごくこわいです。 いつかパチッとなった瞬間に壊してしまいそうで。はぁ〜。

  誰か、強力な静電気防止対策を教えてください・・・。


back          next