シーン139:「台風の日に」

お当番 : 草原 ピッピ

去る10月8日は日本列島に台風が上陸し、猛威を振るっていました。

そんな中、恐れを知らない、ピッピとその仲間達は、事もあろうに、 ディズニーシーに行ってきたのであります。

前から予定してたし、日程ずらせないし。
行くしかないでしょっと皆で鼓舞しあいながら、 無謀とも思える計画を実行に移したのでありました。



はい、無謀でした…。実に無謀でした。

高速に乗っている最中、横殴りの風でハンドルを持っていかれます。
豪雨でタイヤが滑ります、時速120キロ出ています。
ディズニーのアトラクションなんか目じゃありません。

夢の王国が見えてきた矢先の事です、側溝から水が溢れ出し、 道路はまるで海の様。
タイヤがすっぽり沈んでしまうくらいの深さ。
さすがに焦りました、もう半泣きです。

それでも、めげずに、もうすぐシーに到着だ、 と敷地内の道路を走行中、椰子の木の破片が次から次へ飛んでくる。

めげました(泣)

やっとの思いで、シーに到着、その頃にはすっかり雨も止み、 青空が広がっていました。

しかし、物凄い強風。

キャストの人に屋内で待機して下さいと言われ、 いつ止むかわからない強風を恨めしく思い、延々と待機。

そして遂に、風も穏やかになり、いざ出陣っ!

予想以上にガラガラで、アトラクションは全て待ち時間なく乗れ、 屋内のショーは私達の為にやってくれてるのかしら?
と思う程。

残念ながら屋外でのショーは中止になってしまったけど。

この先、こんな天候の日にどこかに出掛けるなんて、 もってのほかと、肝に銘じたピッピでした。

が、懲りずにきっとまた同じ事をしそうです(笑)

夢と魔法ではなく、スリルとエキサイトを味わってきましたとさ。

おわり


back          next