シーン141:「懐かしい人からの手紙」

お当番 : しんご


先日、懐かしい友人から手紙が届きました。
正確には、実家の家族から届けられました。

その友人と最後に会ったのはいつだったろうか…と思い返してみると、 10年以上も記憶を遡ってしまいました。
しかしその手紙には、時間の経過を感じさせない昔と変わらぬ文字が 並んでいました。

初めて会ったのは高校生の時でした。
当時、ある高校の演劇部に所属していたその友人こそが、 何を隠そう私に演劇を始めるきっかけを与えた張本人でした。
自分の知らない世界を知っているような、そして自分よりもはるかに 大人びて見えた友人に、劣等感とそれ以上の憧れを感じていました。
高校卒業後、友人が九州の大学に進学したため、会う機会は激減しました。
それでも、時折手紙のやりとりは続けていました。
しかし、ある時期から音信不通になってしまっていました。
その原因が手紙には書かれていました。
友人はいつくかの土地を転々とした後、一時期インドに行っていたようでした。
また、帰国後もやはり転々とし、今は再び九州にいることも書かれていました。

手紙に書かれていた「連絡を取るタイミングを探していました。」 という言葉に、
幾ばくかの寂しさを覚えつつ、けれどこうして手紙をくれたことを 嬉しく思いました。

友人と最後に会った頃、シブパはまだ誕生していませんでした。
だから、私が演劇に携わっていることを友人は知りません。
もしかしたら、友人の演劇への興味は無くなっているかもしれません。
たとえそうであったとしても、いつかはシブパの舞台を観てほしいと思います。
胸を張って観てもらえるような、そんな舞台を創っていきたいと思うのです。

次に会う時に劣等感を感じなくて済むよう、 充実した時間を過ごしていきたいと思います。
結成10周年記念の最後となる次回公演へも、さらに気合が入りました。

でも、まずは頑張って手紙の返事を書くことから始めなくては・・・。


back          next