シーン148:「夏を涼しく過ごす方法」

お当番 : 赤石 マサエ

  6月も下旬に入りました。思ったより、まだ雨降らないですね。 7月には海に遊びに行くので、どんどん降って、早く梅雨明けしてほしいところです。

  最近、一番の話題と言えば来る夏に向けての暑さ対策でしょうか? 震災の影響で、皆さん、にわかに“節電”を意識し始めたようですが、 今だけにならず、この先もずーっと続けて欲しいですね。 私は、今の「電力が足らなくなるから・・・」的な節電とは違う視点から、 今までも電力やガスの使用量を少なくするようにしていました。 昨年末からオール電化住宅に暮らすようになり、電気を使用する器具もかなり増えましたが、 引き続き、必要なときに必要なところだけ使うように心がけていますので、 計画停電があっても、我慢を強いられているとは全く思いません。

  ここで、昨年を例に私の「夏を涼しく過ごす方法」を厚かましくご紹介します。

  ・蚊帳(テント型。シングルの布団が2枚敷ける大きさ)を使用し、窓を開けて寝る。
   →エアコン・電気蚊取り器不要
  ・綿のフラットなシーツやジェルマット・「アイス枕」のようなものを使用する。
   →寝具にひんやり感があると快眠できる
  ・日中、マメに顔を洗う。手を洗うときにひじまで洗う。 首に巻くタイプの保冷剤を使用する。
   →体を冷やすポイントを十分に冷たくすると快適
  ・機能性下着を着用する
   →汗を逃がす
  ・きゅうりなど体温を下げる食べ物を食べる
   →体の中からも涼しく
  ・酸味のあるものを摂る(レモン・梅・酢など)
   →疲労回復効果
  ・暑いからといって、食事を抜いたりしない
   →体力を落とさない・夏バテ防止

  など。一般的な方法ばかりですが、効果はきちんと出ています。

  今年はさらに、寒冷紗で手作りしたすだれと遮光率の高いロールスクリーンで 家の中に熱い空気を入れない工夫を試験中。農業用寒冷紗で作ったすだれは、 軽くて扱いやすく、白・シルバー・黒など何色かあり、外壁とも合わせやすいので、 シンプルな外観の我が家にぴったりです。インターネットでこのような商品がありましたが、 我が家の窓の大きさに合わないので注文せず、ホームセンターで寒冷紗を購入しました。 本格的な暑さにはまだ遠いですが、この寒冷紗すだれの効果は期待できそうです。
  それから、床下の冷たい空気を屋内に循環させる方法も考案中です。 エアコンを全く使わない、とまではできませんが、不快にならずに、 使用を控えめにすることができそうです。

  皆さんが実践している「涼しく過ごす方法」も知りたいなぁ。 ぜひ掲示板に書き込みして教えてください!



back          next