シーン152:「夏真っ盛り」

お当番 : 草原 ピッピ

毎日毎日、うだる様な暑さに、かなりバテている、草原ピッピです。
皆さんは、いかがお過ごしですか?

私はつい最近、涼を求めて秩父にかき氷を食べに行って来ました。

有名な阿佐美冷蔵さんのかき氷です。

知らない方の為に、阿佐美冷蔵とは、上長瀞駅近くの国道140号沿いにある、 天然のかき氷屋さんです。

かき氷の世界においては、聖地と拝められている程で、 創業1890年の歴史をもつ、超有名店なのです。

勇んで行ったものの、皆さん、考えている事は同じな様で、すごい混み様…。

一時間、炎天下の中を並びました。

涼なんて、どこへ行ったやら、背中からジト〜っと汗がつたいます。

しかし、一時間も待てば、その分の美味しさもひとしおっ!

やっと順番がきて、私は桜小豆味のかき氷を注文しました。

待っている間、遠くで聴こえる列車の音に耳を澄ましたり、 井戸水の味を堪能したり、小民家な作りのお店に歴史を感じたりしていました。

そして、倒れんばかりの大盛りで登場したかき氷に、興奮しきり!

一口食べて、またまた興奮!

口当たりがよく、す〜っと、溶けていく食感が、最高です。

氷の中には小豆が入っていて、桜のシロップとあいまって、絶品。
優しい味がしました。

皆さんも秩父に行った際には是非立ち寄ってみて下さいね。

その後、かき氷だけではもの足らず、かなりテンション高めで、 ライン下りをエンジョイした、ピッピでした。


back          next