シーン153:「笑顔と苦笑」

お当番 : 楓 珠美


  暑い暑い夏日が続いております。
  台風6号の影響からの、つい数日前のあの快適な涼しい日々よ、もう一度…!!
  こんにちは、楓 珠美です。

  先日の出来事です。
  突然の事と言えば、突然だったのですが、愛車のメンテナンスを実施しました。 (せざるを得なかった、の方が正しいかも)

  まず1つ目。定期的に行っているエンジンオイルとエレメントを交換。 これでエンジンも順調、と思っていた矢先、整備士さんより、 「バッテリーが疲れている」と告知。夏場の車中、 自然の風だけじゃ乗り切れないと思い、2つ目、意を決してバッテリーを交換しました。
  私としては、この時点で大分思い切ったわけですが、何故かその後、 タイヤに目がいきました。気付けば、私の相棒となって、早4年と5ヵ月、 タイヤはツルツル。整備士さんに、「雨の日、よく滑らず走れたね〜」と言われる程でした。 思い切った序に、3つ目、ピカピカの新品タイヤに履き替えました。

  どおだ〜!!という感じです。
  新しいタイヤのフワフワした履き心地は最高!、ドライブを満喫しながら、 帰りにスタンドでガソリンを満タンにし、極めつけに帰宅後、洗車をしました。

  愛車も私の心もピカピカ、自己満足のメンテナンスデーではありましたが、 この日の充実感は、この上ありませんでした。

  ただもう1つ。タイヤの履き心地と同様、フワフワになったものがあります。
  それは・・・私のお財布です。

  ただただ、笑うしかありません。


back          next