シーン162:「一期一会」

お当番 : しんご


人には、出会うべき時に出会うべくして起こる、そんな「出会い」があるように思います。
それは、人であったり、自然であったり、物であったり、音楽であったり、言葉であったり、 事象であったり、機会であったり・・・。
まさに「縁」というものを感じる運命的な出会いがあったりします。
その瞬間に感じるものもあれば、後になってからその大きさに気づくものもあります。
逆に、その時に感応しなければ、二度と出会うことが無くなってしまったりもします。

・・・と、考えておりました。 以前は。
そんな“特別な出会い”を日々切望し続けていたのかもしれません。

ですが、そういった「出会い」はなにも特別なことではなく、 毎日の生活の中に無数に在るものではないか、と感じるようになりました。
日常の中では、様々な出会いが起こり続けているのではないかと。
それらをどう意識しているか、または意識していないかの違いではないかと。
「出会い」だと感じればそう為るし、感じなければ何にも為らず、ただ通り過ぎていくだけなのかもしれません。
もちろん、大きな「出会い」もあれば、小さな「出会い」もあるでしょう。
良い「出会い」もあれば、悪い「出会い」もあるでしょう。
そんな数々の「出会い」が連なり、重なり合い、そして今の自分がいるのではないでしょうか。

家族がいて、仕事をして、そして芝居を創って・・・。
今の自分を形成してきた「出会い」たちに感謝するとともに、 これから起こるであろう数え切れないほどの運命的な「出会い」を、 今まで以上に大切にしていきたいと思うこの頃です。


シブパの活動も、まさに運命的な「出会い」の連続です。
今回も、素敵な「出会い」がありました。
そんな「出会い」たちがどう繋がり、どんな形となっていくのか、今から楽しみで仕方ありません。


back          next