シーン166:「のどの痛み」

お当番 : りょーじ

  次回、劇団シブパ第16回公演『表に出ろいっ!』に 出演させていただくことになりましたりょーじです。 観に来ていただける皆さまに楽しんでいただけるよう、 今回も日々、精進していこうと思っております。

  さて。役者なんてことをしていると、半ば職業病とでも申しましょうか、 のどが痛くなるんですね。もちろん、のどが痛くなるならない、なんていうのは、 そのときの役によって変わってくるんですが、今回はやたらとやかましくガナる役なんです。 加えて、前回公演を観に来ていただいた方はご存知かと思いますが、 前回の刑事も割りと声を張る役で、立て続けにのどを酷使している、という状況です。

  それでも20代の頃は、いくら声を出しても、翌朝にはケロっと調子が治っていたのです。 それがいまや・・・。もう、稽古と稽古の間が3日4日あっても、次の稽古にのどが治っているか どうか、っていうレベルです。年々、怪我も治りづらくなってきていますし・・・。 これが、年を経る、っていうことなのですね。

  そんなわけで、最近、のどのケアを真剣にはじめました。 「のど飴」「うがい薬」はこれまでにやっていたのですが、加えて、 「加湿」「ハチミツ」を行うようになりました。
  「加湿」に関しては、「小型プライベート加湿器」を購入し、ことあるごとに 加湿しています。近所の「しま○ら」に型落ち品で4000円位のものが800円で 売っていたもので。
  「ハチミツ」は、ハチミツをのどに10秒ためて飲み込む、というものなのですが、 これ、結構効きます。父が、私が子どもの頃、風邪を引いたときによくやらせていて、 「どこの胡散臭い民間療法だよ」と侮っていたのですが、この歳になってやってみて、 あらビックリ。お婆ちゃんの知恵袋的な田舎の民間療法、ありがとう。

  で。先日稽古場で、ハチミツなめていたんです。そしたら、それを見ていたのりかちゃんが、 「これ以上、太らないでくださいね。」って。
  お前に言われたかぁねぇよっ!

  もちろん、のどの痛みは声の出し方にも問題があるんですけどね。 ただ、熱を入れて演技していると、声の出し方への意識がおろそかに なってしまったりもします。10年もやっていて、お恥ずかしい限り。 その辺に関しては、全然、年を経てない、っていう感じです。

  ともあれ、残り2ヶ月弱。皆さまに喜んでいただけるよう、 身体のお手入れにも精進していきたいものです。皆様もお身体には十分にお気をつけて、 よいお年をお迎えください。
  来年も、劇団シブパをどうぞ、ごひいきに。のどに接するあめのように、 甘く甘く接してやっておくんなまし。


back          next