シーン183:「旬と季語」

お当番 : りょーじ

 先日、お手紙を書くことがありまして、時候のあいさつを書きました。 「新緑の候、ますます…」なんて書き始めましたのですが、その途中、 「あぁ、もう新緑か…。今年は5月病にならなくて済みそうだ…。」とか、 「…候? …候ってどんな意味だっけ?」とか、まあ、とりとめのないことを 考えていたんです。
 で、その考えの一つに「『新緑』ってこの頃の季語だよな…」なんてことを 思ってしまったんです。まあ、当たり前です。5月の季語だから時候のあいさつに 使っているわけですから。

 そんなこんなでお手紙を書き終えたのですが、文章量が少なく、 余白が目立ってしまったので、「よし、イラスト入れよう」なんて 当然のように思い立ちました。
 で、困ってしまいました。「5月と言えば…『子どもの日』。じゃあイラストは 『兜』とか『こいのぼり』か? あれ、でも待てよ。もう5月5日を過ぎてるから 子どもの日の関連はおかしいか…。植物だと…『つつじ』? いや、つつじは4月か…。 あ、『藤』か。藤岡市で藤まつりやってたもんな。ん? あと5月の旬のものってなんだ?」 という疑問に突き当たったのです。

 で、ちょっと調べたら、面白いですね。5月の旬と季語。
 「若葉」「青葉」なんていうのは当然思い浮かびますが、「母の日」や「カーネーション」 もそうですね。私がちょっとピンとこなかったのは、「つばめ」「椿」。 意外だったのは、「苺」。イチゴ狩りなんて言うと、冬がメインですから、 当然イチゴは冬のもの、と思っていましたが、考えてみればあれ、 ハウス栽培ですからね。

 結局、お手紙のイラストは「藤」をチョイスし、一件落着しました。
 「旬と季語」について、いろんな発見があったことは、単純に良い出会いでした。 ハウスじゃなくてイチゴ狩りができるところを捜してみよう、そんなとこあるのかな? なんてちょっと楽しみな気持ちにもなれた「旬と季語探し」なのでした。

 …あれ? 「春キャベツ」とかって言うけど、キャベツはもともと「冬」…だよね…?


back          next