シーン197:「同窓会 その2。」

お当番 : しんご


前回当番の際にコラムに書いた、中学校の同窓会での出来事から。

久しぶりに会った同窓生からぱ、「変わらないなぁ。」と言われることが多かった。
正直、その言葉に違和感を覚えた。
本人からすると、この二十年余という時間は紆余曲折があったからだ。
傷付いたり、成長したり、傷付いたり…あまり努力はして来なかった…。
当然、その時間の中で良くも悪くも変わったように感じていたから。
そして何より、明らかに容姿が変わっているから。

4年半前に患った病気治療の影響で、ちょっとした麻痺を負った。
そのことに対し、自分自身は不思議なくらいに引け目を感じていない。
が、ちょっととは言っても、明らかに目に映る。
にも関わらず、ほとんどの人がそのことに触れずに接して(くれて)いた。
気にならないのか、あるいは気遣ってのことかは判らないが、 中にはあからさまに気になる素振りをしながら流そうとする(してくれる)人もいた。

そんな中、閉会後のロビーで一人の同窓生が「訊いてもいいのかな。」と切り出しながら、 その麻痺や手術跡について話しかけてくれた。
何故だか、それが嬉しかった。
正面から聞いてきてくれたことを、とても嬉しく感じたのだ。

後日、そう感じたことをその同窓生にメールで伝えると、早速返信が届いた。
彼女は「病気のこと、聞いて悪かったかな…」と後悔していたと。
でもメールを読んでホッとしたと。
さらに、彼女自身も病気を患っているとメールは続いていた。
10年前に難病の疾患にかかり、治る方法もなく、上手く付き合うしかないので、 毎月通院して薬で抑えていると。
『元気な障害者』とポジティブに考えるようにしていると。

小学生の頃からしっかり者で、学生の頃は“バレンタインにはどの男子よりも沢山チョコをもらう”
という頼もしい姉御肌だった彼女。
その頼もしさは変わらず、同窓会の時には、病気のことなど全く感じさせなかった。
そんな彼女の笑顔を思い出すと、改めて己の小ささを感じてしまう。
けれど、それに項垂れることなく、彼女のような素敵な笑顔で、 人に元気と安心を与えられる笑顔でいられる人になろうと思う。

そんな風に前向きに考えられるなんて、やっぱり少しは変わったんだよ、俺。


back          next