シーン214:「存在感」

お当番 : 秋山 えりか

最近暑い日が続き、夏バテぎみになっている秋山です。

さて、今回はバイト先で起きた少し悲しい出来事を書こうと思います。

ある日、私は他店舗にヘルプでシフトしていました。
当時そのお店は改装したばかりで、事務所とトイレがセンサー式の電気に 変わっていました。(いやーハイテクですよねぇ?)
人がいる間は電気がつき、いなくなれば消えるというすぐれもの!
省エネです!

しかし、その省エネで事件は起きました。
それは私が休憩に入っていたときの事です。
休憩に入ってわずか10分、なんと事務所の電気が消えたのです!
私は普通にご飯を食べていただけなのに…
その後も休憩中何度もついたり消えたりが続きました。
思わず他の従業員さんに「この電気、途中で消えちゃうとか、 けっこう面倒なんですね?センサーも」
と言ったら、「え?自分がいる間は消えたことないけど?」
というまさかの返答。
確かにその後みんなで事務所にいたけど一度も消えなかった…。
…と言うことは、私の存在感がそこまで無かったってことですか!?

確かに思い返してみれば、自動ドアが開かなかったり、 手洗い場で水がなかなか出てこなかったりしてた気がする。

これって、役者としてかなりやばくないですか?
皆さんはどうですか?センサー式、ちゃんと作動してますか?

と、笑い話に出来る少し悲しい出来事でした!(笑)


back          next