シーン218:「怪我」

お当番 : 東 勝


 怪我をしました。肉離れ。
 図体に似合わず、学生時代はずっと何かしらスポーツをやってきた私。 いろいろ怪我はしてきましたが、肉離れは初めての経験。事の起こりは9月中旬。 運動不足解消のため、地域で行っているインディアカ(バレーボールみたいな競技。 違いはボールが羽根のついたお手玉みたいなものを打ち合う)に参加していました。 そのインディアカの最中、スパイクを打つためジャンプ!の瞬間、「ピキッ!!」っと、 右足のふくらはぎが悲鳴をあげました。

 その後、右足が地面につけなくなりました。歩けず、片足でのケンケン(方言?) での移動。翌日医者にいくと全治2か月とのこと。そして初の松葉杖使用。
 しかし、この松葉杖が辛かった!この重い自分の体重を支える脇が痛い。 そして着地する衝撃による負担がかかる左足が痛い。というわけで、移動が大変。 ちなみに腕は筋肉痛。そして強く思ったこと。松葉杖の人が歩いてきたら、 早めに道を空けてあげよう!

 数日後、怪我した右足の痛みが少しおさまってきたので、 引きずるような形での歩行が可能に。でもあきらかに一歩一歩の可動が小さいため、 松葉杖使用での歩行の方が効率的。
 でもとことん松葉杖が嫌いになった私は、足を引きずる移動が主となりました。
 特に階段が辛い。住んでいるアパートは3階。初期は一段一段時間をかけて ゆっくり汗だくになりながら登り、同じように下る状態でした。 なぜかスーツ姿で出勤前に汗だく・・・。これまでで一番「手すり」の存在を ありがたいと思いました。

 9月下旬現在、足の具合もだいぶ良くなって来ました。 まだまだ足を引きずっての歩行ですが、一日一日足の可動部分が増え、 歩けることのありがたさを痛感する日々です。一つだけ優越感?を感じるとすれば、 スーパーなどで福祉車両駐車場(手足の不自由な人のための駐車場)に 車を停められることでしょうか。というかそこに停められないとかなり辛いのです。 そんなこんなで、そういったバリアフリーの場所や器具の存在意義をすごく感じました。 当たり前に歩けることって素晴らしい。震災後の話と似てますが「当たり前」に 感謝したいです。


back          next