シーン230:「ひとつ選ぶとしたら…」

お当番 : 東 勝


 今後の人生において、肉と魚どちらか一方しか食べられないとしたらどちらを 選ぶか。のような、○○の中で一つ選ぶとしたら何を選ぶかといった想像(妄想)を することがあります。世間でよく言われる「最後の晩餐は何にしますか?」的な 想像です。
 ちなみに肉と魚と言われたら、私は魚です。寿司、刺身、焼き魚、煮魚、フライ等 いろいろな調理方法があるし、いろいろな魚がいるから味も多種多様というのが 私の持論です。もちろんお肉も大好きですが…。
 他にもありえない想像をします。例えば「コンビニが一社しか選べないとしたら、 どこにするか?」「テレビの放送局どこか一社しか見られないとしたらどこにするか?」 「テレビで有名人一人と共演できます。誰と共演する?」など。でも毎回 一生懸命悩んで、理由を挙げて、決定しようとするのですが、決め手に欠け、 結果「そんなことありえないし」と最終結果を放棄するのがオチです。
 それでも、そういったくだらない話を他の人と話してみるのも面白いかも、 とよく思います。実際他の人だったらどう考えるだろうと気になりますし。
 しかし例えば居酒屋でそんな話をしている他人がいたら、「くだらねぇ」と 鼻で笑ってしまう人が多いでしょう。でもそんな人であっても、「くだらない」と 頭では言いつつも「俺だったら…」「私なら…」とうっかり 考えてしまってるんじゃないの??!と考えるとちょっとほっこりしてしまう私です。 …これも見事な妄想ですね。

 でもでもこの文を読んでいるあなた。「私なら…」と考えてしまったのなら …フフフ


back          next