シーン242:「基礎稽古のすゝめ」

お当番 : りょーじ

 劇団シブパ第20回公演『食卓秘法(てえぶるまなあ)・溶ける魚』が無事(?)終演となりました。 ご来場いただいた方々をはじめ、関わって下さった全ての方々に感謝申し上げます。 ありがとうございました。

 公演も20回を超え、劇団も15歳を超えると、劇団員もそれに伴って年齢が増してきます。 もちろん、時期々々で新入団員を迎えていますので、全員が全員おじちゃんおばちゃんという わけではありませんが、旗揚げメンバーの自分は、もうだいぶおじちゃんです。

 で。そんなおじちゃんが迎えた第20回公演の役は「笑い男」という強烈な個性の動き回る役。 第16回公演・野田秀樹氏 作『表に出ろいっ!』のお父ちゃま役をやらせていただいた時も 相当動いたのですが、今回はそれを超える、りょーじ史上最大の運動量でした。 3年前の『表に出ろいっ!』の時も感じたことですが、今回は痛切に感じました。
 ……老化を。
 劇団内にも、県内演劇関係者の方々にももちろん、諸先輩方がいらっしゃいますので、 「何を貴様みたいな若造がほざいておるんだ」とご立腹の方もいらっしゃるかもしれません。 …が。敢えて言わせていただくと。…老いました。

 筋肉量・体力・暗記力・精神力の低下、声帯の弱体化、体重の増加、ボディバランスの変化…。 わかっていたことではありますが、10年前とは別物です。ビデオに映った自身の姿を見ると、 自分がイメージしている所作・演技が全然できていない。これには本当に愕然としました。 公演中、のどが枯れたのなんて初めてです。今回の公演ほど、加齢からくる自分の変化に 真剣に向き合おうを思ったことはありません。こりゃ、ほんとにヤバいな…と。

 で。憂いているばかりもいきませんので、変化する自分に対応をしていきたいと考えた私は、 改めて、「基礎稽古」の重要性を再認識するに至りました。
 筋肉量が低下したのなら、稽古のアップで筋トレをすればいい。
 体力が低下したのなら、稽古を中心に身体を動かせばいい。
 暗記力が低下したのなら、当たり前のように本読みしたときの音源をBGMとして聞けばいい。
 精神力が低下したのなら、稽古終わりにみんなと馬鹿話をして気を晴らせばいい。
 声帯が弱くなったのなら、稽古で発声・ボイストレーニングに時間をかければいい。
 体重が増加したのなら、団員でダイエット部をつくり、みんなで競って減らせばいい。
 ボディバランスを整えたいのなら、稽古場で鏡に写る自分の姿を常に意識すればいい。
 …と。全て基礎稽古で補えるものだったと思い返しました。逆を返せば、老化を感じてしまった ということは、基礎稽古を疎かにしていたツケが回ったのだ、ということなのだな…と。

 10年後も「笑い男」のように、あるいは、野田秀樹氏のように、飛んで回って跳ねて叫べる役者で ありたい。そのために、日々の基礎稽古を大切にしたい。
 そんな演劇人として当たり前のことを思い出させてくれた、第20回公演でした。


back          next