シーン260:「『フラれる』のが好き。」

お当番 : りょーじ


 タイトルだけ見ると、「何だ!?」とお思いになった方もあるかも知れませんが、 「私はMっ気が強いから、フラれるのが好き」という意味ではなくて、 『男はつらいよ』の寅さんよろしく、 「『フラれる』という結末がわかっているコメディ指向のドラマ作品が好き」 という意味です。
 いや、私、フラれるの嫌いですから。

 皆さんはテレビドラマって観ていますか? 私は三ヶ月に一回ある番組編成期になると、気になるドラマをとりあえず 一話だけ観るようにしています。で、一話が面白かったら二話以降も観る、 というスタイルです。こういう方、結構多いのではないでしょうか?
 で、今期私が連続で観ている作品が二つあります。 話が冒頭に戻りますが、その二つの作品の共通点が「フラれる」だったわけです。

 一本目は、『東京センチメンタル』です。 吉田鋼太郎さんを主演に、片桐仁さん・高畑みつきさんらが脇を固めます。 ざっくりご紹介すると… 「モテるけれども女にだらしない、バツ3の55歳・ 吉田鋼太郎さんが、毎回美女と街歩きをして、最終的にフラれる話」です。
 二本目は、『女くどき飯season2』です。 「アラサー・フリーライターの貫地谷しほりさんが、雑誌(ネット)の 『男性が女性を口説く時に使うとっておきのお店を紹介する』という企画の取材で、 毎回イケメンくんとお食事をして、最終的にフラれる話」です。

 子どもの頃、何で寅さんって人気あるんだ? と素朴に思っていましたが、 30半ばを過ぎると、やっぱりそういうところに行き着くのですね。 人情・恋愛・コメディ・予想できる展開…。安心して観ていられる、 楽しめるということの何と偉大なことか。

 話は逸れますが、劇団シブパ第21回公演『四月になれば彼女は』にも、 話の本筋ではないけれども、フラれてしまう人が出てきます。 (私はフラれる役ではありません。多分…)
 誰かが言っていました。『恋の始まりに理由はないが、終わりには理由がある…』と。
 今更ではありますが、今も昔も「恋の始まり」は物語を動かす、 重大なファクターなのですね。今回のお芝居もやはり、 一つのポイントになっています。

 話が逸れましたが、恋の始まりと終わりの物語が、 たかだか24分程度にきゅっと濃縮された先の2本のドラマ。 きっと私は滑稽だと、夜な夜なほくそ笑みながら、 あと1月半くらい楽しんで観ることでしょう。

 …公演が終わったら、『寅さん』借りてこようかな。


back          next