シーン261:「「『四月になれば』を終えた二月に思うこと」

お当番 : 宮野 圭輔


2月13・14日に、第21回公演、「四月になれば彼女は」が無事に行われました。 観に来てくださったたくさんの方々、ありがとうございます。

今回の劇の中に、「お前には二つのことがいっぺんにできないからだ」 という台詞があります。なんだか自分に言われているようで、 身につまされる思いがします。いっぺんにできないために最近は芝居に大きく偏っていた重心を、 仕事や家庭のほうに戻さなくてはなぁと思いつつ、もう少し余韻に浸っていたい、 そんな気分で過ごしています。

公演に向けて役作りをしている時に、役を演じる事は、 服を着ることに似ているなぁと思いました。 服(役)が身体(役者)にぴったり合っていればいいのですが、あわない場合には、 服を身体に合わせたり、身体を服に合わせて作りかえたりしなければいけません。 僕はあまり器用ではないので、身体を作り替えるより、 服の方を身体に合わせることが多いのですが、今回の公演では、 何とか身体を作り替えられないかと、もがいてみました。 結局、服を調整したところも多かったのかなぁと思うのですが、 来ていただいた何人かのお客様から、「役がぴったりですね!」 との声をいただけたので、何とか着こなすことができたのかなぁと思います。

これからも、もっともっと色々な服を着こなして、 自分の箪笥をいっぱいにできるよう、頑張っていきたいです。


back          next