シーン265:「コーヒーに関する駄文」

お当番 : りょーじ


 『四月になれば彼女は』の公演を終えて、早一カ月が経ちました。ご来場いただいた皆様、 関わって下さった皆様、気にしていただいた皆様、本当にありがとうございました。
 1999年の3月に劇団シブパの母体であるワークショップが開始されてから、丸17年。 これだけ続けているのにまだまだ演劇熱が衰えず、かつ、公演が終わってからも毎日何かしら 演劇のことを考えている今日この頃。「演劇の魅力はすごいな」と思う反面、 「こんだけ毎日演劇のこと考えていたら、頭おかしくなるかもな」と思い立ったので、 今日は敢えて演劇と関係のない話題を。

 以前、このコラムのどこかでも書いたのですが、私、コーヒーを飲むのが好きです。 そんなに「通である」とか、「ここの原産地の豆がうまいんだよ」とか、そういう本格的なヤツ でなくて、単純に「飲むと落ち着くから好き」という程度のものです。

 時間が不意にできたときに、ひょっこり喫茶店にコーヒーを飲みに行きます。 「Cafe」も好きですが、どっちかというとおじちゃんおばちゃんがたむろしたり、 人気の少ない暗い感じだったりする「喫茶店」の方が好きかもしれません。 「Cafe」は流行り廃りがあるけれど、「喫茶店」はなんかそんなものを超越した 普遍的な味を醸し出しているイメージです。
 家に帰るまでのホンの30分程度をゆったり過ごします。読みかけの戯曲や小説を読んだり、 音楽を聴いたり、携帯をいじったり、頬杖ついてただ眼を閉じていたり…。 その時々で過ごす時間は違いますが、その根底には等しく「やすらぎ」が流れている。 そんな感じです。

 よく行く喫茶店は何軒かあるのですが、常連にはなりたくない、というのがささやかなこだわりです。 「あ、あのお客さん、たま〜に来るよな…」マスターにそんな風に思われていたとしたらしめしめです。 人付き合いがあんまり得意ではないところが、こんなところにも表れます。

 …別段、オチもなくただただ徒然なるままに、書き綴ってみました。 たまにはこんなコラムもアリかな、と自分に言い訳をしつつ、今日はこれで筆をおきます。

 駄文、失礼いたしました。


back          next